12月23日が祝日じゃなくなる理由とは?天皇誕生日が変わる!

12月23日。

平成の時代、この日は天皇誕生日として国民の祝日となっていました。

年賀状や大掃除などで年末のものすごく忙しいとき、そして、クリスマスにも近かったこの祝日、この日が休みであることに計り知れないほどのありがたさを感じていました。

しかし、令和の時代となった2019年12月23日から、この日は祝日では無くなりました!

これはもちろん、天皇陛下が変わって時代が平成から令和に変わったためですね。

そこで今回は、天皇誕生日の祝日を徹底的に調べてまとめてみました!

このページでは、天皇誕生日の祝日の定義や、歴代の天皇誕生日についてお話ししていますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

2019年12月のカレンダー

まずは、2019年12月のカレンダーから確認してみたいと思います。

こちらです。

12月のカレンダー

12月23日は、第4週目の月曜日です。

その日を見てみると、祝日を示す赤色ではなく、平日を示す黒色になっていますね!

もし天皇誕生日が今まで通りであれば、21・22・23と3連休になっていたところですが、2019年は12月23日が祝日ではないのでこのようにはなりません。

21日、22日の普通の土日のみとなります。

ちなみに、令和時代の天皇陛下である今上天皇の誕生日は2月23日ですので、2020年からはこの日が天皇誕生日となって新しい祝日となります。

天皇誕生日の祝日の定義

次は、天皇誕生日の祝日の定義をお伝えします。こちらです。

祝日「天皇誕生日」の定義

現在の天皇陛下の誕生日で、その日を祝うための祝日

天皇誕生日は、その名の通り天皇陛下の誕生日をお祝いするための祝日なのですね。

なので、現在の天皇陛下の誕生日の日が祝日になります。

平成時代の天皇陛下であった明仁上皇の誕生日が12月23日だったので、平成の間はこの日が天皇誕生日でした。

しかし、2019年は5月に天皇変化が変わって時代が平成から令和に変わったのですが、上皇陛下の誕生日が12月23日、天皇陛下の誕生日が2月23日だったため、2019年は天皇陛下の誕生日が1回も無い年になってしまったのですね。

スポンサーリンク

歴代の天皇誕生日

ここからは、歴代の天皇誕生日を見ていきたいと思います。こちらです。

年号天皇陛下誕生日現在の祝日
明治明治天皇11月3日文化の日
大正大正天皇8月31日なし
昭和昭和天皇4月29日昭和の日
平成明仁上皇12月23日なし
令和今上天皇 2月23日天皇誕生日
(2020年より)

このうち、天皇誕生日とは名前を変えて、今でも祝日として残っているのは、4月29日の昭和の日と、11月3日の文化の日です。

大正天皇の誕生日である8月31日や、明仁上皇の誕生日である12月23日は今のところ祝日ではなく、平日となっています。

全ての天皇誕生日が、その後もずっと祝日である訳ではないのですね。

もしそうなったら、年号が変わるたびに祝日が1日ずつ増えて嬉しいなと思っていたのですが、そうするとどんどん祝日が増えてしまうことになるので、なかなかそのようにはならないのですね(>_<)

豆知識!天皇陛下の呼び方「年号+天皇(昭和天皇など)」という呼び方は、諡(おくりな)と呼ばれる崩御された後の呼び方で、生前の功績や徳を称えて贈られる称号です。そのため、ご存命中の天皇陛下をこのように呼ぶのはNGです。「上皇陛下、明仁上皇」や、「天皇陛下、今上天皇」と呼ぶ必要があります。

まとめ

以上で、天皇誕生日の祝日についての話を終わります。まとめると、下記の通りです。

  • 天皇誕生日は、現在の天皇陛下の誕生日をお祝いするための祝日
  • 2019年から、12月23日は祝日ではなくなる
  • 2020年から、2月23日が新しい天皇誕生日となる
  • 2019年は、天皇誕生日が1日も無い
  • 歴代の天皇誕生日は、名前を変えて祝日として残ったり、平日に戻ったりする

1985年生まれの私は、記憶がある中では今回が初めて天皇誕生日の変更となります。

今までは12月23日が祝日なのが当たり前と思って生きてきたので、この変更に慣れるのには少し時間が掛かりそうです。

この祝日が、日本全体で天皇陛下の誕生日をお祝いする、とても素晴らしい一日になったら良いですね(^^)

スポンサーリンク