サブスク&見逃し配信最高!私の使っているサービスとは?

スポンサーリンク

サブスク&見逃し配信。

ネット全盛の現代において、急速に普及しているサービスの一つですよね。

これらのサービス、昭和生まれでネットの全く無い時代に子供の頃を過ごした私には、まさに夢のようなサービスです。

そしてもちろん、私もこれらのサービスを利用させて頂いており、ストレスだらけの現代社会の中で、日々の生活にささやかな彩りをもたらしてくれています。

そこで今回は、現在私が使っているサブスク&見逃し配信のサービスを、一挙にご紹介したいと思います!

このページを読めば、あなたにピッタリのサブスクももしかしたら見つかるかもしれませんので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね😁

スポンサーリンク

私の使っているサービス一覧

それでは早速ですが、まずは私が実際に使っているサブスク&見逃し配信サービスの一覧をお伝えしたいと思います!

こちらです。

サービス名料金(税込み)
TVer0円
NHKプラス0円
ラジコプレミアム385円
dアニメストア440円
book放題550円
YouTube Premium
YouTube Music Premium
1,180円
(合計金額)2,555円

このように、無料・有料含めて全6サービスを使っており、月額合計は2,555円となっております。

この月に「2,555円」という値段が高いのか安いのかは賛否両論あると思いますが、私は非常に安いなと感じています。

サブスクによって得られる楽しみの量を考えたら、かなり格安だと思います。

他の方法で月2,555円でできる限り楽しんでくださいと言われても、えっ、そんな金額では少なすぎて無理と言ってしまいそうですw

しかも、コロナ禍以降外出がしづらくなった日本において、家の中で楽しめるので鬼に金棒状態です☺️

では、次の章では、各サービスの詳細についてお伝えしていきますよ。

スポンサーリンク

各サービスの詳細

この章では、私が実際に使っているサブスク&見逃し配信サービスの詳細をお伝えしていきます。

TVer

1つ目は、TVerです。

こちらは、週間以内に民放のテレビ局で放送された番組が過去を遡って見ることができるサービス1です。

無料なのが、とても良いですね。

また、アカウント&パスワード地獄となっている現代のネット社会において、それらの必要がなく利用できるのが地味に嬉しいです。

ひと昔前までは、テレビをリアルタイムで見れない時は自分で録画しておくしかありませんでした。

しかし、この録画の作業が微妙にめんどくさい。

しかも、絶対に見たい番組ならともかく、ちょっと見たいくらいの番組だと結局めんどくささの方があってリアルタイムで見れない場合は諦めることも良くありました。

でも、TVerができてからは変わりました。

例えリアルタイムで見れなくても、いつでもどこでも好きな時に見れるようになったのです。

TVerで特に役立っているのは、やはりドラマを見る時ですね。

好きなドラマを、落ち着いて好きな時に見れる、これは、なかなか良いです。

NHKプラス

2つ目は、NHKプラスです。

こちらは、TVerのNHK版のサービスといった感じですね。

これは無料と言って良いのかどうかは微妙ですが、テレビを持っていると強制徴収されるNHKの受信料を払っていれば、追加料金無しで利用することができます。

私も今のNHKの強制徴収システムには疑問を感じるところがありますが、大河ドラマの造り込みなどはやはり民法とは一線を画すものがあると思うのも事実です。

せっかく受信料を払っているので、NHKも最大限楽しんでいけたらと思います。

ラジコプレミアム

3つ目は、ラジコプレミアムです。

普通のラジコは無料で聴けますが、自分の住んでいる地域で聴けるラジオ局しか聴けません。

しかし、ラジコプレミアムの会員になれば、日本全国、ほぼ全てのラジオ局のラジオを聴くことができます。

私の場合特に役に立っているのが、FM802を聴くときと野球中継を聴くときです。

私は大学時代を過ごしていた関西でFM802にハマりましたが、就職を期に地元に戻って聴けなくなりました。

それがとても悲しかったのですが、ラジコプレミアムで聴けるようになって本当に嬉しいです。

また、野球中継についても、ラジコプレミアムであれば必ずどこかのラジオ曲が地元チームの野球中継をしているので、気になる試合がいつでも聴けるのが良いですね。

※ラジコプレミアムについては別ページで詳しくお伝えしていますので、興味のある方はこちらにも遊びにきてくださいね。

スポンサーリンク

dアニメストア

4つ目は、dアニメストアです。

昭和生まれの私は、見たいアニメは基本リアルタイム、そしてよっぽと見たいアニメがあればテレビの録画もしくはレンタルビデオ屋さんで借りてくるといった環境で育ちました。

リアルタイムはどうしても見れない時もあるし、ビデオの録画も大変、レンタルビデオ屋さんにも簡単に行けず、見たいアニメを思う存分見るというのは難しい環境でした。

大学生から社会人になりたてくらいになるとDVD全盛の時代になり、ゲ○やツ○ヤに行けるようになって少しは改善しましたが、たくさん見ると意外とお金が掛かるし、借りすぎて結局返却期限までに見れなかったなんてことも多々ありました。

しかし、今は便利な時代になりました。

dアニメストアであれば、いつでもどこでも、見たいアニメが見放題なのです。

その作品数は何と約5000で、古いものから新しいものまで大抵のアニメが揃っています。

もちろん、子供の頃に見たくても見れなかった懐かしのタイトルももちろんあります。

小学生くらいのときの私からしたら、これはまさに夢のような環境です!

唯一の問題点は、一気に見たいアニメが全部見られるようになるので、時間が全然足りなくなることです(笑)

book放題

5つ目は、book放題です。

book放題は、本が読み放題のサブスクです。

book放題の特徴は、なんと言っても雑誌数の多さです。

本屋さんに並んでいるような多種多様な雑誌を、ネットから見ることができます。

大学生の頃は、良く本屋さんで雑誌の立ち読みをしていました。(本屋さんごめんなさい🙏)

しかし、社会人にもなると立ち読みというのもあまりできなくなります。

けど、購読してまで読みたい雑誌というのもなかなかない。

そんな状況の時、book放題が大活躍します。

雑誌1冊分の値段で、全ての雑誌が読み放題なのです。

しかも、お家で落ち着いて読めます。

「雑誌+音楽+コーヒー」という喫茶店のような最強の組み合わせを、お家で簡単に楽しめるようになりました👍

ただ、book放題はマンガも読めるのですが、マンガのラインナップは正直かなり微妙です。

ラインナップの数自体は多いものの、最新のマンガや人気漫画はほぼ無いです。

(数自体は多いので、何かしら自分のツボにハマるマンガは結構見つかりますが)

なので、最新や人気マンガをメインで読みたい人は、book放題はやめた方が良いです。

「book放題」とは?月額たった550円で雑誌・マンガが読み放題!

2021.08.07

YouTube Premium
YouTube Music Premium

6つ目は、「YouTube Premium & YouTube Music Premium」です。

なぜこの2つを一緒にしているのかというと、ユーチューブプレミアムの会員になると、自動でミュージックプレミアムも付いてくるからです。

私はユーチューブをよく見ており、エンタメ目的だけではなく自己啓発系の目的でも良くユーチューブを利用していました。

そういう使い方をしていると、広告が非常に邪魔になってくるのです。

特に、パソコンい張り付いているときはまだ良いのですが、パソコンの手の届かない場所でながら作業している時に流れてくる広告は手のつけようがなく、かなり時間を無駄にしているように感じていました。

自己啓発系のユーチューブを見ていると、良く人生で一番大切なものは時間だというフレーズが出てきるので、では思い切ってプレミアム会員になって広告なしで動画見ようと思ったのが入ったきっかけです。

そして入ってみて思ったのですが、告なしのユーチューブ、思った以上に良い広ですね。

もう二度と、広告ありの状態には戻れそうに無いです😇

あと、おまけで付いてくるミュージくプレミアムが想像以上に使い勝手が良いです。

古今東西の約1億局が聴き放題で、しかもダウンロードもできちゃいます。

子供の頃、なけなしの小遣いをはたいて好きな歌手のアルバムを買っていた頃を思い出すと、これを天国と言わず何を天国と言ったら良いのかといった感じです。

まとめ

以上で、私の使っているサブスク&見逃し配信サービスについての話を終わります。

まとめると、下記の通りです。

  • TVerは、会員登録なしで民放の過去1週間の番組が見られる。
  • NHKプラスは、TVerのNHK版みたいな感じ。
  • ラジコプレミアムでは、エリアフリーのサービスで全国のラジオ放送が聴取できる。
  • dアニメストアは、約5000作品のアニメが見放題。
  • book放題は、雑誌好きには手放せないサービス。
  • YouTubeプレミアム&YouTubeMusicプレミアムの便利さは、想像以上。

私は少し前までは見逃し配信やサブスクのサービスは、めんどくさそうとか地味にお金かかりそうとかの先入観があって極力使わないで生きてきたのですが、いざ使ってみたら全然そんなことなかったですね。

実際に使ってみると、確実に掛かった費用以上に見返りがあって、今では無くてはならないものになっています。

あなたもぜひ、自分にピッタリのサブスクサービスを見つけて、ネット全盛の現代社会をより豊かに生きていってくださいね!

スポンサーリンク