タカギの定期交換型浄水器「みず工房」とは?実際に使っての感想!

グラス一杯の水

みず工房。

浄水器メーカーのタカギが提供している、蛇口一体型浄水器のことですね。

私は今まで浄水器をほとんど使ったことが無かったのですが、結婚を機に大東建託のアパートに住み始めたことをきっかけに、この「みず工房」を使い始めました。

人間の70%は水分、体の中に入れる水は、できることならキレイなものが良いですからね。

そして実際に使ってみると、確かに水が美味しくなったと思いました。

このページでは、そんなタカギの浄水器「みず工房」がどのようなものなのかと、実際に使ってみての感想についてお話ししていきます。

スポンサーリンク

タカギの浄水器「みず工房」の概要

まずは、タカギの浄水器「みず工房」についてざっと説明したいと思います。

「みず工房」は蛇口と一体となっている浄水器で、蛇口の中にカートリッジを入れることによって水を浄化してくれます。

タイプによって除去できる物質に違いがあり、2019年現在では下記のタイプのカートリッジがラインナップされています。

タイプ除去物質値段
標準4物質3200円
高除去性能13物質3700円
高除去+濁り除去15物質4300円

標準タイプでは、カルキ臭の原因となっている塩素を始めとする4種類の物質を除去でき、高性能のタイプになるとそれ以外にも様々な物質を除去してくれます。

カートリッジ交換のタイミングは、家族構成や使う水の量によっても異なりますが、2~4ヵ月ごとが目安になります。

契約していると、期限が来ると自動的にカートリッジが送られてくるので、注文をし忘れるという心配もありません。

スポンサーリンク

使ってみて感じたメリット

それではここからは、実際に使ってみて感じたタカギ浄水器のメリットをあげてみたいと思います!

蛇口と一体化!

一つ目は、浄水器のカートリッジを蛇口の中に入れることができるようになっているので、他に何か新しい設備が全くいらなかったことです。

しかも、カートリッジは完全に蛇口の中に入っているので、外からは見えず見た目も損ないません。

最近は水素水サーバーやウォーターサーバーなども流行っていますが、大きくて置き場所にも困ります。

タカギの浄水器は、このような心配が全くありません。

自動での定期交換!

カートリッジは使っていたら除去機能がだんだん落ちてくるのですが、一度申し込みを済ませておけば自動で次のカートリッジを送ってくれます。

頼み忘れたりすることもありませんし、宅配なので自分で買いに行く必要もなく手間がかかりません。

水道水が美味しくなる!

浄水器って、本当に不純物が取れているかどうか目では分からないので、本当に効果があるのだろうか?と良く思っていました。

特に一昔前の浄水器なんて、蛇口の口にちょこんと付けるようなタイプのものもありましたらか、半信半疑でした。

しかし!タカギの浄水器は本当に効果がある!と思います(笑)

見た目やタカギのホームページを見ると本当に不純物を取り除けそうな構造になっていますからね。

実際、そのままの水道水はカルキ臭が気になって飲めなかったのですが、浄水器で浄水した後の水はその臭みも取れて、美味しく飲めるようになっていました。

費用対効果が高い!

タカギの浄水器は、費用対効果も高いです。

費用は性能によって若干違いますが、だいたい月に1,000円前後です。

そしてアパートなどで最初から対応の蛇口であれば、初期費用もかかりません。

キレイな水を飲料水として確保する他の手段としては、ミネラルウォーターの購入、水素水サーバー、ウォーターサーバーなどがありますが、初期費用が高かったり、月々の費用が高くなったりと、経済面でもタカギの浄水器にはかないません。

スポンサーリンク

使ってみて感じたデメリット

次にデメリットですが、使っていてさしたるデメリットは感じていません。

しいていうなら、一ヶ月約1,000円のランニングコストが高いと感じる場合か、浄水機能は無限ではありませんから、お皿洗いのときなど浄水が不要なときは、ボタンで浄水から原水に切り替えながら使う必要があるところくらいですかね。

でも、それはほとんど気にならないレベルです。

終わりに

以上で、タカギの浄水器「みず工房」についての話を終わります。

費用対効果もかなり良く、使うのに手間も掛からずスペースも取りませんので、美味しい水を得るための手段としてはとても有効なものだと感じます。

美味しい水を手軽に手に入れたいあなた、ぜひ一度「みず工房」を検討されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク