インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いとは?

コーヒー

インスタントコーヒー、レギュラーコーヒー

コーヒーを飲んだことがある方なら、どちらも聞いたことがある名前だと思います。しかしながらこの2つのコーヒー、見た目は両方とも粉末のコーヒーだけど、いったい何が違うのか良く分からないという方、意外といらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、そんなインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いについてお話していきます。

スポンサーリンク

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒー

それでは早速、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーとはどのようなコーヒーなのかをみていきます。一言でそれぞれのコーヒーを説明すると、こんな感じです。

インスタントコーヒー

コーヒー豆から抽出したコーヒー液を再度乾燥させて粉末にしたもので、お湯を入れて溶かせばすぐにコーヒーができる

レギュラーコーヒー

コーヒー豆を砕いて粉にした状態のもので、飲むときにはドリップの必要有り

インスタントコーヒーはまさにその名の通り、お湯を入れるだけでできる簡単なコーヒーですね!対してレギュラーコーヒーは飲むためにドリップが必要で、飲むのにひと手間掛かります。それではここからは、それぞれのコーヒーがどんなものか詳しくみていきます。

インスタントコーヒーとは?

インスタントコーヒーは、コーヒー豆から抽出したコーヒー液を再度乾燥させて粉末にしたものです。実は私は、インスタントコーヒーはただコーヒー豆を小さく粉にしただけものものだと思っていたのですが、それは全然違っていたのですね(汗)

インスタントコーヒーの大きな特長は、何といってもその手軽さです。お湯を入れるだけで、簡単に作ることができます。お湯を入れただけでコーヒーが溶けるのは、抽出したコーヒー液を乾燥させて粉末にしていたことが理由だったのですね。

すでに一度抽出して液体の状態にしたあとで乾燥させて粉末にしたものなので、見た目はコーヒー豆をただ砕いただけに見えますが、それとは全然違ったものなのです。私はコーヒー豆自体が水に溶ける性質があるのかと思っていたのですが、とんでもない勘違いでした(笑)

レギュラーコーヒーとは?

レギュラーコーヒーとは、これこそまさに、コーヒー豆を砕いて粉にした状態の品物です。そして、レギュラーコーヒーは単にお湯を注ぐだけでは作れません。飲むためには、このようなドリッパーを使って自分でドリップする必要があります。

レギュラーコーヒーの特長は、何といってもその美味しさですね。自分で抽出する必要があるのでインスタントコーヒーと違ってひと手間かかりますが、その分、香りや味はインスタントコーヒーの上をいくものがあります。

休日の午後などゆっくりと時間があるときには、レギュラーコーヒーでワンランク上の贅沢なブレイクタイムを過ごすのも良いですね(^^)

ちなみに、レギュラーコーヒーをインスタントコーヒーのように直接お湯を注いで飲もうとすると、一応コーヒーの味にはなるけれども、溶けずに残ったコーヒーの粉が口に入ってざらざらしとても飲めたものではないそうです。

私自身は、怖くてそのような状態で飲んだことはありませんが……

スポンサーリンク

買い間違えに注意!

私が初めてレギュラーコーヒーを知るきっかけになったのは、インスタントコーヒーと間違えて買ったことでした。それまで私は、恥ずかしながらお店で売ってある粉のコーヒーは、全てインスタントコーヒーだと思っていましたorz。そして、ドリップして淹れるコーヒー豆は、コーヒー屋さんで買うものと思っていました。

ある日、普段飲んでいるインスタントコーヒーが無くなったので、新しいものを買いに行くことにしました。たまには普段と違うコーヒーを飲んでみようと思ってスーパーで粉のコーヒーを買いました。そして、どうやって飲んだら美味しく飲めるのかと思って説明書きを見ると、なんとドリップを要求しているではありませんか!

「えっ、このコーヒーはインスタントじゃないの!?」

良く見ると、インスタントではなく「レギュラーコーヒー」と書いてあります。なに?インスタントコーヒーと思って買ったのに、これじゃお湯を入れるだけで飲めないじゃないか!と悲しい想いにくれることになりました。

こうして私は、ようやくインスタントコーヒーとレギュラーコーヒーが違うものであることを知りました。

レギュラーソリュブルコーヒーとは?

ちなみに、私が一番好きなインスタントコーヒーは、ネスレの「ネスカフェゴールドブレンド」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネスカフェ ゴールドブレンド(120g)【ネスカフェ(NESCAFE)】
価格:1380円(税込、送料別) (2019/4/13時点)

楽天で購入

しかし、ずっとインスタントコーヒーと思っていたこのコーヒー、実はインスタントコーヒーではなかったようです。商品ラベルを見てみると、「インスタントコーヒー」ではなく、「レギュラーソリュブルコーヒー」と書いてあったのです!これを見て私は思いました。「レギュラーソリュブルコーヒーって何やねん!」と。お湯を入れるだけで飲めるのだから、インスタントコーヒーじゃないか!っと突っ込みたくなりました(笑)

もしかして、本来はレギュラーコーヒーのように本当はドリップして入れないといけなかったのかと思い焦りましたが、飲み方の説明をみるとやはりお湯を入れるだけのようです。何が違うのかと思って調べてみると、これはネスレのネスカフェシリーズのコーヒーの名前のようです。昔はネスレもこれらをインスタントコーヒーと呼んでいましたが、ゴールドブレンドには製法に特別なこだわりがあって一般的なインスタントコーヒーと区別するため、この名前を付けたそうです。

そして実際に、一般的なインスタントコーヒーとは違います。一般的なインスタントコーヒーはコーヒー液を乾燥させて粉末にして作られていますが、レギュラーソリュブルコーヒーは、コーヒー液と細かく砕いたコーヒー豆を混ぜてから乾燥して粉末にしています。これが、レギュラーコーヒーに勝るとも劣らない味と香りを実現している秘密のようです。

他のインスタントコーヒーと違ってネスカフェゴールドブレンドがなぜここまで美味しいのか、初めて理解することができました。

まとめ

以上が、インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いについてです。まとめると、下記の通りです。

◆インスタントコーヒー

  • 抽出したコーヒー液を再度乾燥させて粉末にしたもの
  • お湯を入れるだけで飲めるので手軽!

◆レギュラーコーヒー

  • コーヒー豆を粉にした状態のもの
  • 飲むためにはドリップが必要
  • 味や香りはインスタントコーヒーより上!

忙しいときはインスタントコーヒー、休日などゆっくり美味しいコーヒーを飲みたいときはレギュラーコーヒーなどと、シーンに合わせて2つのコーヒーを上手くを飲み分けて行きたいですね!

スポンサーリンク