手荒れがひどい!辛い家事や炊事におススメのゴム手袋とは?

食器洗い

手荒れがひどい!

こんな状態でやる家事や炊事、なかなか辛いですよね。痛いししみる、でも、やらない訳にはいかない。

そんな時に大活躍するのが、そう、ゴム手袋です!ここで出てくる悩みが、いったいどんなゴム手袋をしたら良いのかというところです。このページでは手荒れがひどくなってきたときにおススメのゴム手袋についてお話していきます。

スポンサーリンク

おススメのゴム手袋はこれ!

それでは早速ですが、私がおススメする家事や炊事に最適なゴム手袋が、こちらです!

ゴム手袋

「ポリエチレン手袋+ラテックス手袋」の二重手袋作戦です。この組み合わせは、本当に良いです。手に優しいポリエチレンの手袋で肌を守り、作業性の良いラテックス手袋で作業性を確保しています。また、これらの手袋は使い捨てなので、毎回とても清潔です。この方法でやりだしてから、本当に楽に家事や炊事が楽になりました!

それでは、次の章からこのゴム手袋の詳細についてお話していきます。

手袋紹介!

まずは、ポリエチレン手袋やラテックス手袋ってどんなもの?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、それらの手袋がどのようなものかを紹介していきます。

◆ラテックス手袋

ラテックス手袋とは、天然ゴムで作られたゴム手袋のことです。薄くて手にピッタリとフィットするので、作業性に優れています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウネット ラテックス手袋 粉無 M 100枚入
価格:615円(税込、送料別) (2018/11/17時点)

楽天で購入

◆ポリエチレン手袋

ポリエチレン手袋は、その名の通りポリエチレンで造られた手袋です。手に対してはブカブカでフィット性はあまり良くないですが、肌にとても優しい素材で肌にダメージを与えることはありません。また、安価で買えるのも特徴の一つです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

川西工業 ポリエチレン手袋 外エンボス M 100枚
価格:246円(税込、送料別) (2018/11/17時点)

楽天で購入

ラテックス手袋のメリットはこれ!

それではここから、ラテックス手袋のメリットを紹介します!

◆使い捨てなので、毎回清潔!

使い捨てタイプなので毎回新品で清潔です!これは、とても大きなメリットだと思います。同じゴム手袋を使い続けたカビや嫌な臭いに悩む必要はありません。この手袋の値段は1枚当たり数円なので、値段的にも使い捨て可能ですね。

◆手にピッタリフィット

薄くて弾力がありますので、手にピッタリフィットします!これも、大きなメリットです。まるで、素手で作業をしているような感覚です。指先の細かな動きにも支障がないので、家事や皿洗いがとてもしやすくなりました。

◆水がほとんど入らない!

また、手にピッタリフィットしているので、水がほとんど入りません。たまに手袋の口から水が入ってくることがありますが、手にフィットしているので奥まで水が入りません。皿洗いや掃除が終わった後は、指先なんかはまだ乾いた状態を保っています!これは、なかなか衝撃的でした。昔使っていたゴム手袋は、指先までビショビショになっていましたから。

◆意外と丈夫

見た目はこんな感じで薄くて頼りないのですが、意外と丈夫なのです。

ラテックス手袋

何かすぐやぶれてしまいそうなのですが、全然そんなことはありません。ちょっとやそっとのことではやぶれません。手袋をはめたまま、雑巾をしぼってもへっちゃらです!強度、申し分ありません。

手袋を二重にする理由

次は、手袋を二重にする理由について説明します。ラテックス手袋だけでも十分そうなのに、なぜポリエチレン手袋を内側にはめるのでしょうか?

その最大の理由は、ラテックスアレルギーの回避です。とても使い勝手の良いラテックス製の天然ゴム手袋ですが、一つだけ大きな弱点があります。それは、人によってはラテックスアレルギーを発症する場合があることです。私も最初は天然ゴム手袋だけを使用していたのですが、アレルギーとまでは行きませんでしたが、しばらく使っているとなんかゴム手袋に手が負けているような感じがありました。

そこで活躍するのが、ポリエチレン手袋です。ポリエチレンは、とても肌に優しく炎症などはほとんど起こさないと言われています。その手袋を内側に付けることによって、肌をラテックスアレルギーから守るのですね。また、肌触りもとても良いです。天然ゴム手袋は少し肌に張り付くような感じがありますが、ポリエチレン手袋は全くそのようなことはなく、サラサラです。

あと、この二重手袋で皿洗いなどの炊事を行うと、ラテックス手袋は使い捨てと言いながら3~4日は使い続けることができます。内側のポリエチレン手袋だけ毎日新しいものを使うことによって、清潔かつ経済的な家事や炊事を行うことができるのも良いところです。

スポンサーリンク

手荒れがひどく、家事や炊事が辛い

ここからは、私がこの組み合わせにたどり着くまでの経緯について少しお話ししてみたいと思います。私は、昔からあまり手があまり強くなく、良く手が荒れていました。

手荒れイラスト

あかぎれや水泡、皮が向けるのは日常茶飯事でした。結婚するまでは家事などほとんどやならかった私も、結婚して子供ができてからはそういう訳にも行きません。夫婦協力して家庭を回していく中で、私は毎日食器洗いをしていました。

肌が弱くすぐ手荒れになってしまうことは自覚していたので、ホームセンターに行って適当なゴム手袋を買ってやっていたのですが、そのゴム手袋を使っているうちにイマイチな点がどんどん出てきました。

今まで使っていたゴム手袋のデメリット

こちらが、私が今まで使っていたタイプのゴム手袋です。

普通のゴム手袋

裏地が毛有りのタイプで、ホームセンターなどで売られている普通のゴム手袋です。このタイプのゴム手袋で、私が感じていたデメリットはこちらです。

◆使い捨てにはできない

このタイプのゴム手袋は、安いものでも100円くらいはします。さすがにこの値段では、使い捨てで使うのは厳しいです。一度買ったら、最低でも一週間は同じ物を使う必要があります。そうすると、衛生面ではやはり良くありません。

◆水が入ってくる

このタイプのゴム手袋は、手袋の口から良く水が入ってきます。かなりの量の水が入るときもあります。そのため、せっかくゴム手袋をしているのに、皿洗いが終わった後には手がビショビショということが良くありました。

◆臭いやカビが発生し不潔

そして一度ゴム手袋の中に水が入ると、なかなか乾きません。そうすると、手袋の中に臭いやカビが発生します!ただでさえ手荒れで手の防御力が落ちている中で、臭いやカビが発生した手袋を使用するのはとても不潔です。手荒れを防止するために付けているゴム手袋が、逆に手荒れを悪化させる恐れまで出てきます。

◆ブカブカでフィット感が良くない

また、このタイプのゴム手袋は、ブカブカでフィット感も良くないです。なので、作業性も悪く、茶碗を洗っている途中で良く割ったりしていました。

手荒れがついに限界に!

そんなイマイチなゴム手袋を使い続けているうちに、遂に手荒れのひどさが限界を迎えてしまいました!

手荒れ写真

左手の親指付近が、主婦湿疹や水泡というレベルを通り越して、じゅくじゅく状態になってしまい化膿して膿まででる始末。ここまで放置した自分も悪いのですが、とてつもない痛みとかゆみが発生し、どうしようもない状態になってしまいました。そんな状態を打開するために、何かもっと良いゴム手袋は無いかと探して辿り着いたのが、今回ご紹介した方法です。

手荒れがひどい時はすぐに病院へ!

万が一このように手荒れがひどくなった時は、まずはすぐに病院に行きましょう!

私は、手荒れがひどくなってきたときにまずは市販されている薬を使っていたのですが、効果はほとんどなく、症状は悪化の一途でした。しかし皮膚科の病院に行って先生に適切な処置と適切な薬を処方してもらうと、わずか一週間でほとんど完治しました!私は飲み薬とステロイド系の塗り薬を処方してもらったのですが、驚くくらい効きました。何でもっと早く病院に行かなかったのかと、後悔したくらいです。正しい薬を使用することは、治療をする上でとても大切なことだと痛感しました。

【無事に治った左手】

手荒れ完治

まとめ

以上が、手荒れがひどい状態でやる辛い家事や炊事におススメのゴム手袋です。

「ラテックス手袋+ポリエチレン手袋」の組み合わせは本当に家事をする上で最強です。もしあなたが手荒れがひどくて家事が辛いと思っているのであれば、ぜひ一度試されてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク