はじきの法則とは?距離(道のり)・速さ・時間を計算する公式について!

はじきの法則1

はじきの法則

小学校のときに習う、距離・速さ・時間を計算するための公式の覚え方です。

しかし、実際に計算するときには、この法則はどのようにして使ったら良いのでしょうか?

このページでは、そんなはじきの法則を使って距離・速さ・時間を計算するための方法について、ずっと理系の道を進んできた星野なゆたが詳しくお話ししていきます!

スポンサーリンク

はじきの法則とは?

小学生のときに習った、はじきの法則。これは、距離・速さ・時間を計算するための方法を一目で分かる図にしたものです。下記のような図です。

はじきの法則2

円の上側に「き(距離)」が、下側の左に「は(速さ)」が、下側の右に「じ(時間)」がきます。そして、真ん中の横の線が割り算、縦の線が掛け算の意味になります。なのでこの図を見ると、距離・速さ・時間を求める公式が一目で分かるのです。

距離・速さ・時間の公式!

距離=速さ×時間
速さ=距離÷時間
時間=距離÷速さ

距離の求め方

それでは、ここからはそれぞれの数値の求め方を詳しくみていきたいと思います。まずは、「距離」です。例題として、時速30km(30km/h)で4時間(4h)進んだときの距離を求めてみましょう。

はじきの法則3

はじきの法則をみると「距離=速さ×時間」なので、例題の計算式は次のようになります。

  • 30km/h×4h=120km

こうして、進んだ距離が120kmだということを求めることができます。

スポンサーリンク

速さの求め方

次は「速さ」です。例題として、100kmの距離を2時間(2h)かけて進んだときの速さを求めてみましょう。

はじきの法則4

はじきの法則をみると「速さ=距離÷時間」なので、例題の計算式は次のようになります。

  • 100km÷2h=50km/h

こうして、速さが時速50km(50km/h)だということを求めることができます。

時間の求め方

最後は、「時間」です。例題として、60kmの距離を速さ20km/hで進んだときの速さを求めてみましょう。

はじきの法則5

はじきの法則をみると「時間=距離÷速さ」なので、例題の計算式は次のようになります。

  • 60km÷20km/h=3h

こうして、時間が3時間(3h)だということを求めることができます。

公式の覚え方

最後は、公式の覚え方についてです。

こんな簡単な公式に覚え方も何もないのでは無いかと思うのですが、私がまだ小学生だったころ、いざテストで使おうとすると混乱した記憶があります。

それは、「き」が上だったか、「は」が上だったか分からなくなることです。

本当は「き」が上なのですが、「はじきの法則」という名前なので、テスト中とか緊張した状態になると、何となく「は」が上に来てたような気がしてくるのです。そして、テスト中にどっちか分からなくなって大混乱に陥ったのです(笑)

はじきの法則6

その混乱を防ぐための覚え方が、こちらです。

木の下にはげた爺さん

【「き」の下に「は」げた「じ」いさん】という語呂合わせです。こうやって覚えると、「き」の下に「は」と「じ」が来ることがすぐに思い出せるので、いざ使うときも混乱しなくてすみますね!

終わりに

以上で、「はじきの法則」についての話を終わります。

速さ・時間・距離の公式が一目で分かる優れものですから、しっかりと覚えて、テストなどを乗り切っていきたいですね!

また、はじきの法則に出てくる速さ・時間・距離の単位については別ページで詳しくお話していますので、興味のある方はこちらのページにも遊びにきてくださいね(^^)7

速さの定義とは?速度との違いや単位の種類を徹底解説!

2018.02.25

1秒の定義とは?噛み砕いて説明するとこうなる!

2018.01.25

1mの定義とは?地球一周の長さや光の速さで決まっている?

2018.02.24

スポンサーリンク