花粉飛散量が少ない時間帯とは?花粉症でもランニングしたい!

花粉の杉の木

花粉症。

2月中ごろから4月末くらいまで多くの日本人を苦しめる、やっかいな症状です。

そんな中でも、私たちのようなマラソンが大好きな市民ランナーにとっては本当に困ります。

桜などが咲き誇る春の美しい景色の中を走るのは本当に気持ちの良いことだと思うのに、花粉症だとその苦しさの方が勝って、走りたい気分に大きな水を差してしまいます。

そんな中、花粉症シーズンでも何とか気持ち良くランニングすることができないかといろいろと試した結果、その中でも花粉の影響をほとんど受けずに走れる時間帯がありました。

このページでは、そんな花粉症シーズンでも花粉の影響なく走れる時間帯についてお話していきます。

スポンサーリンク

花粉症シーズンに最適なランニングの時間帯

それでは、早速ですが花粉症シーズンに最も適したランニングの時間をお伝えします。

こちらです。

最適なランニングの時間

日の出~朝9時ごろまで

この時間が、花粉症の人が花粉シーズンでも走って大丈夫なゴールデンタイムになります。

この時間は花粉の飛散量が本当に少なく、花粉防護用のゴーグルや苦しいからなるべく付けたくないマスクをしなくても、無防備で問題なく走れるのです。

私自身ももちろん花粉症持ちの市民ランナーですので、花粉シーズンはこの時間に走っています。

そんな私の、休日の朝のタイムテーブルがこちらです。

時間やること
4:30~4:40起床・洗顔・神棚のお供え
4:40~4:50ラジオ体操
4:50~5:00朝食
5:00~日の出ブログを書く・読書
日の出~8:00ランニング
8:00~いつもの休日

日の出と同時にランニングをスタートしたいので、それに合わせて自然と早起きになります。

早朝のランニングは何も食べないとエネルギー切れになってあまり走れませんし、食べた直後だとお腹が重くて走れません。

なので、ランニング開始の1時間以上前に朝食を取りたいのですが、そうすると5時くらいには朝食を食べる必要があります。

そしてランニングを開始するまでの朝食から日の出までの間は、ブログを書いたり読書をしたりして有意義な時間をすごします。

このように生活のリズムも朝方になって、朝の時間をとても有効に使えるというおまけまで付いてきます。

スポンサーリンク

この時間が良い理由

この章では、花粉シーズンのランニングには「日の出~9時ごろまで」が良い理由についてお話していきます。

花粉の飛散量が少ない

まず最も大きな理由は、1日のうちでこの時間は花粉の飛散量が少ない時間帯になることです。

ここで少し、環境省が発表している1日の時間帯別の花粉の飛散量を見てみたいと思います。

こちらです。

グラフを見ると分かる通り、夜間~朝9時ごろまではほとんど花粉が飛散しない時間帯になります。

しかし、朝9時を過ぎると一気に花粉の飛散が始まり、正午ごろで最大のピークを迎えます。

その後いったん減っていますが、夕方の6時ごろに二度目のピークがやってきます。

そのため、日の出~朝9時までの間に走ることがとても有効になるのです。

逆に花粉症持ちにとって最悪の時間は、1日に2回ピークが来る時間帯の、正午ごろと夕方の6時ごろになります。

高い湿度や朝露で、花粉がまき散らされない

朝は1日で最も気温が低い時間になりますが、その影響で湿度は最も高い時間帯になります。

また、天気が良くて気温が下がったときなどには、朝露が発生して地面全体が濡れた感じになります。

そのため、杉の木からの花粉も飛びにくく、また一度飛んで地面に落ちている花粉も舞い上がらなくなります。

朝凪の時間帯で、風が弱い

この時間は、朝凪の時間帯であまり風が吹きません。

朝凪とは、夜に吹く陸から海に向けて吹く陸風と、昼に吹く海から陸に向けて吹く海風のちょうど間の時間で、風の収まる時間帯になります。

風が弱いということは、もちろん花粉も飛びにくくなります。

明るいので安全

花粉が少ない時間帯だけで良ければ夜でも良さそうですが、やはり夜は暗いので危険も多いです。

夜でも走れるような明るいところは限られていますし、真っ暗な道では地面が見えないのでそもそも走れません。

また、予期せぬ交通事故に会う確率も上がるでしょう。

その点、日の出の後であればしっかりと明るくなっていますので、安全にランニングを楽しむことができます。

澄んだ美しい空気の中を走れる

これは花粉とはちょっと違った話にはなってしまうのですが、朝の澄んだ美しい空気の中を走るのは本当に気持ちが良いです。

風水でも、夜明けから朝9時ごろまでは「ドラゴンタイム」と呼ばれており、1日の中で外の空気の気が最も良くなる時間帯と言われています。

そんな空気の中を思いっきり楽しんで走ると、運気も一緒に上がった気分になります。

まとめ

以上で、花粉症持ちの人が花粉シーズンでも花粉の影響なくランニングできる時間帯についての話を終わります。

まとめると、下記の通りです。

  • 最適な時間は「日の出から朝9時まで」
  • この時間帯は、花粉の飛散量がかなり少ない
  • 風が弱く湿度も高いので、地面の花粉も舞い上がらない
  • ゴーグルやマスクなど無しで、無防備でも大丈夫
  • 生活が朝方になるので、健康的になり、しかも朝の時間が有意義に使える
  • 風水では最も外の気が良い時間帯で、運気も一緒に上がる

やはりランニングは、ジムなどで室内で行うよりも外で走った方が断然気持ちが良いので、花粉シーズンでも問題なく走れる時間が合って本当に良かったです。

マラソンが本当に大好きだけど花粉症で苦しんでいるあなた、ぜひ一度、この時間に走ってみてくださいね!