アドセンスのRPMとは?計算方法や平均値・上げる方法も一緒に徹底解説!

アドセンスのRPM。

ブログでグーグルアドセンスをやろうと思ったときには、常に気にしておかなくてはならないとても重要な指標の一つになります。

グーグルアドセンスを長くやっていると、空気のように当たり前になってくるRPMですが、始めたばかりのころはどんな数値なのか良く分からないところもありますよね。

そこで今回は、アドセンスのRPMの数値とはどのような数値なのか、分かりやすくまとめてみました!

合わせて、RPMの計算方法や平均と言われている数値や、RPMを上げる方法などについてもお話していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

アドセンスのRPMとは?

それでは早速ですが、まずはアドセンスのRPMとはどのような数値かを一言でお伝えしたいと思います。

こちらです。

RPMを一言で!

1000PV当たりの成果報酬の金額で、サイトがどのくらい効率良く稼げているを示す数値。

このように、アドセンスのRPMの数値は、1000PV当たりの成果報酬の金額という意味になります。

例えば、1000PV当たりの成果報酬が200円ならばRPM200円、400円ならばRPM400円といった感じです。

そしてこの数値が重要視される理由は、サイトがどのくらい効率良く稼げているのかが一目で分かるところです。

もちろんRPMが高い方が効率良く稼げていることになりますので、この数値の変化にみんな敏感になるのですね。

それでは次の章からは、RPMの計算方法や平均と言われている数値、さらには、最も気になるRPMの上げ方について、詳しくお話していきますよ(^^)

スポンサーリンク

RPMの計算方法

この章では、RPMの計算方法を詳しくお伝えいたします。

計算方法もとても簡単で、下記のような計算式で求めることができます。

RPMの計算式!

RPM = (報酬金額÷PV) × 1000

ご覧の通り、アドセンスのRPMは報酬金額をPVで割って、さらに1000を掛けたものがその数値になります。

具体的な計算例は、こちらです。

RPMの計算例!

  • (300円÷1200PV)×1000=RPM250円
  • (12000円÷30000PV)×1000=RPM400円
  • (80円÷400PV)×1000=RPM200円

電卓さえあれば、簡単に計算できますね!

また、このサイト上でもすぐにRPMが計算できるように、RPMの計算フォームを作りましたので良かったらこちらも使ってみてください。

「報酬金額」と「PV数」を入力して「計算する」ボタンを押すと、RPMの値が出力されます。

スポンサーリンク

RPMの平均値

この章では、RPMの平均値について詳しくお伝えしていきます。

一般的には、RPMはだいたい下記の通りの数値くらいと言われています。

RPMの平均値!

200~400円

このように、だいたいRPMの平均値は300円くらいといったところです。

言われていると書いたのは、自分のサイトのRPMの数値はグーグルアドセンスの規約上公開してはいけないことになっているので、正確な平均というのは算出することができないためです。

そのため、ざっくりとした数値しか分からないのですが、ネット上やブログ仲間の人の話を聞いた感じでは、やはりこのくらいになるかなといった印象です。

月のよって変動はありますが、私のサイトのブログもだいたいこのくらいの範囲に収まっています。

しかしこの平均値は、あくまでも「アドセンスを意識しつつ、きちんと人の役に立つブログ作り」を目指して作っている場合の平均値です。

日記のような記事だったり、内容が薄かったり、独りよがりのブログになっている場合は、平均値には遠く及ばない数値になってしまいます。

このようなブログだと、RPMの数値が100円を切ることも普通にあります。

アドセンスの報酬は人の役に立つ記事を書いて得られる対価なので、人の役に立つ記事を書くという強い意識はやはり必要になるのですね。

スポンサーリンク

RPMを上げる方法

最後の章では、アドセンスで稼ぐ上で最も重要なポイントになる、RPMを上げるための方法についてお伝えします。

RPMの数値は、高いほど効率良く稼げている証となるため、やはり高い方が良いですからね。

RPMを上げるのに必要な2つのこと

実はRPMを高めるためにはたった2つのことを意識していればよく、その2つというのがこちらになります。

RPMを上げる方法!

  • CTR(1PV当たりのクリック率)を上げる
  • クリック単価を上げる

このように、RPMを上げるためにやらないといけないことは、CTRとクリック単価を上げるというたった2つことだけなのです。

なぜかというと、RPMの数値は下記の通りの式が成り立つからです。

  • RPM=CTR×クリック単価×10

式を見ると分かる通り、RPMの数値はCTRとクリック単価のみに依存しています。

なので、この2つの数値が改善できれば、RPMが上がることになるのですね。

スポンサーリンク

具体的な方法

ここからは、アドセンスのRPMを上げるための具体的な方法をお伝えします。

まずはRPMを高めるために最も簡単な方法ですが、それは「自動広告を使うこと」です。

2018年ごろから実装されているアドセンスの自動広告機能ですが、最近ではどんどん進化しており、下手に自分で広告を設定するよりは格段にRPMが高くなります。

しかし、自動広告の最大の問題点としては、自分の思ったところじゃないところに広告が出る点があります。

特に、全画面広告やアンカー広告は読者に対して不評になるおそれがあり、自動広告を使わないといった方も多いのではと思います。

その場合は自分で広告位置を決めることになります。

そのときに RPMを高めるためには、広告配置が最も重要な要素になります。

そのため、色々と試してみながら、自分のブログで最もRPMが高くなる広告配置を探っていくことが大切になります。

※アドセンスの最適な広告配置については別ページで詳しくお話していますので、興味がある方はこちらにも遊びにきてくださいね。

アドセンスの最適な広告位置

グーグルアドセンスの最適な広告配置とは?儲かる位置はココ!

2020.10.18

そしてもちろん、「人の役に立つ記事を書くこと」も当然ですが重要な要素になります。

人の役に立つ記事を書けば、読者の方がそのページにいてくれる時間が増えます。

そうすると、自然とアドセンスの広告をクリックしてくれる確率が増えますし、誤クリックも減るのでクリック単価も上がります。

自分で広告を配置する場合は、広告の種類や時代の流れによっても最適な位置が変わってきますので、常にRPMが高くなる広告配置になるように意識していきたいですね!

まとめ

以上で、アドセンスのRPMについての話を終わります。

まとめると、下記の通りです。

  • RPMの数値の意味は、1000PV当たりの成果報酬の金額
  • どのくらい効率良く稼げているかの指標になる
  • 数値が高いほど効率良く稼げている証
  • 平均値は「200円~400円」くらい
  • RPMを上げるには、CTRとクリック単価を上げる必要がある
  • RPMを上げる一番簡単な方法は、自動広告の使用
  • 広告を手動で設定するときは、広告配置が重要
  • 人の役に立つ記事を書くことももちろん大切!

RPMの数値は高ければ高いほど効率良く稼げている証にはなりますが、もちろん読者満足があってこそのアドセンス収益ですので、広告量を多くしすぎて読者の方が不快になってしまうのもあまりよろしくありません。

その辺りのバランスも見極めながら、読者満足を損なわないようにしつつ、RPMを最大限高めることのできる広告配置を、これからもずっと研究していきたいですね(^^)

スポンサーリンク