2022年(令和4年)の祝日一覧!日にちや長期連休になる期間とは?

スポンサーリンク

祝日。

新しい年のカレンダーや手帳を手に入れた時、一番最初に見てしまうものの一つですよね。

3連休はどのくらいあるのか、土曜被りの悲劇となっている祝日はあるのか、長期休暇との絡みはどうなっているのかなど、気になることがたくさんあります。

そこで今回は、2022年の祝日について徹底的にまとめてみました!

このページを見れば、2022年の祝日の全てが分かるほか、ゴールデンウィークやお盆期間などの長期連休の日にちの並びも合わせてお話していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね(^^)

※このページで使っているカレンダーの素材は、無料イラスト素材集『Frame illust』さんの素材を使用させて頂いています。

スポンサーリンク

2022年祝日一覧!

それでは早速ですが、まずは2022年の祝日の一覧から見ていきたいと思います。

こちらです。

日にち祝日名
1月1日(土)元日
1月10日(月)成人の日
2月11日(金)建国記念の日
2月23日(水)天皇誕生日
3月21日(月)春分の日
4月29日(金)昭和の日
5月3日(火)憲法記念日
5月4日(水)みどりの日
5月5日(木)こどもの日
7月18日(月)海の日
8月11日(木)山の日
9月19日(月)敬老の日
9月23日(金)秋分の日
10月10日(月)スポーツの日
11月3日(木)文化の日
11月23日(水)勤労感謝の日

祝日の一覧表は、見ているだけでなんか気分が上がってきますね(笑)

それでは次の章からは、2022年の祝日の特徴や、長期連休の日程などをさらに詳しく見ていきますよ。

スポンサーリンク

2022年の祝日の特徴と連休の日取り

この章では、2022年の祝日の特徴と連休になる日取りをお伝えします。

2022年の祝日の特徴

まずは2022年の祝日の特徴を箇条書きにすると、このような感じです。

2022年の祝日の特徴!
  • 祝日の土曜被りがほぼない(元日のみ)
  • 3連休がとても多い
  • 4連休以上は無い

2022年の祝日の特徴で一番嬉しいのは、祝日の土曜被りがほぼないことです。

唯一元日が土曜被りですが、ここはどちらにしろほとんどの方が正月休み中だと思いますので、土曜日でもあまり関係ありません。

そのため、2022年は祝日が土曜と被ってものすごく損した気分になることはありません!

そしてもう一つ嬉しいのが、3連休がとても多い点です。

後述で3連休以上の日取りをご紹介しておりますが、祝日によって今年は9回も3連休が発生します。

1回でも嬉しい3連休が9回もあるので、とてもありがたいですね。

残念な点としては、3連休が多い代わりに、4連休以上はゴールデンウィークも含めて一回も発生しないところです。

なので、大型連休にするためには、会社の方針で休みにしてもらったり、有休を上手く使う必要があります。

以上のことを考えると、今年は長期連休を取ってがっつり遊ぶというよりは、たくさんある3連休を小分けで楽しんでいくといった感じになりそうですね。

3連休以上の日取り

こちらが、今年祝日によって発生する3連休以上の日取りになります。

日にち連休数関連祝日
1月8日(土)~1月10日(月)3連休成人の日
2月11日(金)~2月13日(日)3連休建国記念の日
3月19日(土)~3月21日(月)3連休春分の日
4月29日(金)~5月1日(日)3連休昭和の日
5月3日(火)~5月5日(木)3連休憲法記念日・みどりの日・こどもの日
7月16日(金)~7月18日(日)3連休海の日
9月17日(土)~9月19日(月)3連休敬老の日
9月23日(金)~9月25日(日)3連休秋分の日
10月8日(土)~10月10日(月)3連休スポーツの日

このように、2022年は祝日によって3連休が9回発生します。

やはり連休というのは嬉しいですから、来るのがとても楽しみですね!

スポンサーリンク

GW・お盆・SW・お正月期間

最後に、祝日と合わせて気になる、ゴールデンウィーク・お盆・シルバーウィーク・お正月期間の休日の並びを見ていきたいと思います!

ゴールデンウィーク

2022年のゴールデンウィークの日にちの並びは、こちらになります。

今年のゴールデンウィークは2日(月)と6日(金)の平日が挟まっており、3連休+3連休+2連休という形になっています。

そのため、どこか遠出をするというよりは、近場のスポットを何回かに分けていくといった形になるかもしれませんね。

※ゴールデンウィークの日程につては別ページで詳しくお話していますので、気になる方はこちらへも!

2022年ゴールデンウィーク(GW)の日程とは!最大10連休も?

2021.12.30

お盆休み

2022年のお盆期間の日にちの並びは、こちらです。

お盆期間である13日~16日は土日被りとなっており、お盆期間だけだ休みになると4連休になります。

しかしながら、11日の山の日があり、その間の12日も休みにすると6連休になります。

また、お盆休みはピッタリお盆期間ではない企業もたくさんありますので、6日~14日を9連休にしてお盆休み含む夏休みとする企業も多いのではないかと思います。

スポンサーリンク

シルバーウィーク

2022年のシルバーウィークの日にちの並びは、こちらです。

9月のシルバーウィークは、狭い意味では連休が発生する年のときだけを指すので、2022年はシルバーウィークと言って良いのか微妙なところではあります。

しかしながら、最近では9月の祝日がある週を広い意味でシルバーウィークと言ったりするようになっているので、そういった意味では9月第4週がシルバーウィークと言えますかね。

そうすると、今年は3連休が3回連続でやってくる形になります。

その前後に有給をくっつけたりすると、3連休からの4連休となりますので、かなりシルバーウィークらしい感じになります。

※シルバーウィークの日程につては別ページで詳しくお話していますので、気になる方はこちらへも!

2022年シルバーウィーク(SW)の日程とは!最大何連休になる?

2021.12.26

2022-2023年お正月休み

最後、2022-2023年のお正月休みの日にちの並びは、こちらです。

2022-2023年のお正月休みは、前後の土日とくっつくようなことはなく、例年通りの6連休といった日取りとなっています。

終わりに

以上で、2022年の祝日についての話を終わります。

祝日は、普段学校や仕事に行くはずの平日の日に休めますので、とてもお得な気分になりますよね。

今年はまだコロナが収束しておらずなかなか旅行等の予定は立てにくいところがありますが、祝日の日にちをしっかりと把握して、その日を有効に使っていきたいですね(^^)

スポンサーリンク