シルバーウィークとは?次のSWはいつ来る?ある年とない年有り!

シルバーウィーク

シルバーウィーク。

春の大型連休をゴールデンウィークと呼ぶのに対して、最近は秋の大型連休のことをシルバーウィークというようになってきました。

しかしこのシルバーウィーク、毎年必ずやってくるゴールデンウィークと違って、毎年ある訳でありません。

そこで今回は、このシルバーウィークについて調べて徹底的にまとめてみました!

このページでは、シルバーウィークとはそもそもいつの連休を指すのかや、次にやってくるシルバーウィークについてお話していますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

シルバーウィークとは?

まずは、シルバーウィークとはどのような連休を指すのかをお伝えします。

現在では、シルバーウィークと言えば下記のような連休を指します。

シルバーウィーク!

祝日の並びによってたまに発生する、9月の大型連休(5連休)

このように、9月に発生する5連休の大型連休のことをシルバーウィークと呼んでいます。

しかし、毎年必ずやってくるゴールデンウィークと違って、秋のシルバーウィークは年によってあったりなかったりするという特徴があります。

例として、直近で発生した2015年9月のカレンダーを見てみたいと思います。

2015年9月カレンダー

まさしく、5連休になっていますね!

ただ、2015年にシルバーウィークはしばらく発生していません。

そうなると気になるのが、シルバーウィークが発生する仕組みと、次にやってくるシルバーウィークはいつかということです。

次章以降は、それらのことについて説明していこうと思います!

スポンサーリンク

シルバーウィーク発生の仕組み

次は、シルバーウィークが発生する仕組みをお伝えします。

シルバーウィークの発生に欠かせないのが、「国民の休日」という休日です。

国民の休日!

前後が祝日である平日は、国民の休日として休みになる

このような制度が、日本の祝日法で定められてます。

昔は、5月3日の憲法記念日と5月5日の子供の日に挟まれた5月4日が国民の休日となって休みになることが有名でしたが、2006年に4月29日のみどりの日の祝日が昭和の日に、そしてこれまで国民の休日だった5月4日がみどりの日の祝日となったため、通常では国民の休日が発生する年が無くなりました。

そして現在、唯一国民の休日が発生する可能性があるのが、敬老の日と秋分の日の間です。

しかし、敬老の日の祝日は9月の第3月曜、秋分の日の祝日は昼と夜の長さが半分になる日と決められており、どちらも毎年祝日になる日が微妙に違ってきます。

なので毎年国民の休日が発生する訳ではないのですが、この2つの祝日の並びが絶妙に配置されたときに、国民の休日が発生し、秋の大型連休、シルバウィークが発生するのです。

※秋分の日が毎年微妙に変わる理由については別ページで詳しくお話していますので、気になる方はこちらも参照されてください。

二十四節気の日にちの決め方とは?読み方や意味も一緒に解説!

2019.10.14

シルバーウィークになる年

シルバーウィーク発生の仕組みが分かると知りたくなるのが、次のシルバーウィークはいつ来るの!?ということです。

直近では2015年に発生したシルバーウィークですが、今の祝日の制度が続いたとすると、2050年までに5回のシルバーウィークがやってきます。

シルバーウィークになる年!

  • 2026年
  • 2032年
  • 2037年
  • 2043年
  • 2049年

これから約30年で5回ですから、だいたい6年に1度くらいの割合でやってくる計算になります。

あまり確率としては高くないので、本当に来るのが待ち遠しくなりますね!

スポンサーリンク

シルバーウィーク期間のパターン

ここからは、シルバーウィークになる場合も含めて、これから先2050年までの9月の連休パターンをみて行きたいと思います!

5連休(シルバーウィーク)

まずは、前述の通りシルバーウィークになる年です。

シルバーウィークになる年

2026年、2032年、2037年、2043年、2049年

次回は2026年にやってきて、このようなカレンダーになります。

2026年9月カレンダー

まだ少し先な気がしますが、とっても来るのが楽しみですね!

4連休(プチシルバーウィーク)

次は、4連休になるパターンです。

秋のシルバーウィークは主に5連休になる時を指しますが、4連休でもなかなかです。

なので、4連休はプチシルバーウィークと言えるかもしれません。

プチシルバーになる年

2020年、2048年

次回は2020年にやってきて、このようなカレンダーになります。

2020年9月カレンダーだよ

4連休のパターンは、2050年までにたった2回しかない超激レアのパターンです。

※2020年のシルバーウィークについては別ページで詳しくお話していますので、気になる方はこちらも参照されてください。

2020年9月はシルバーウィーク発生で4連休!その祝日の並びとは?

2019.10.26

3連休+3連休

ここからは、シルバーウィークが発生しない年になります。

シルバーウィークが発生しない年では最も嬉しい、3連休が2回来るパターンです。

3連休+3連休になる年

2022年、2024年、2028年、2029年、2030年、2033年、2035年、2036年、2039年、2041年、2045年、2046年、2047年、2050年

次回は2022年にやってきて、このようなカレンダーになります。

2022年9月カレンダー

3連休2回になる年はたくさんあって、9月の休日パターンでは最も多い形になります。

3連休が2回連続というのも結構嬉しいので、これはこれで楽しめそうな日どりです。

3連休+平日1日休み

こちらは、3連休1回と、平日が1日祝日で休みになるパターンです。

3連休+平日1日休みになる年

2021年、2025年、2027年、2031年、2038年、2042年、2044年

次回は2021年にやってきて、このようなカレンダーになります。

2021年9月カレンダー

飛び石で休みが続くといった感じのカレンダーになります。

このような日どりになると、21日、22日、24日の平日は、なかなか仕事や学業に身が入らないかもれませんね(笑)

3連休1回(秋分の日土曜被り)

最後は、最も悲惨な3連休が1回しか来ないパターンです。

秋分の日のが土曜日と重なってしまい、祝日を1回損した形になる日どりです。

3連休1回(秋分の日土曜被り)になる年

2023年、2034年、2040年

次回が2023年にやってきて、このようなカレンダーになります。

2023年9月カレンダー

こうなるのは2050年までに3回なので10年に1度くらいのペースですが、祝日の土曜被りは本当に悲しくなるので、それがくる年はかなりショックです。

こうなったら、シルバーウィークどころか、デスウィークという名前がふさわしくなりそうなとても憂鬱な9月になりそうです。

スポンサーリンク

シルバーウィークパターン表

それでは最後に、2050年までの秋のシルバーウィーク期間がどうなるのかを、年ごとに並べてみたいと思います!

パターン
2020年4連休(プチシルバー!)
2021年3連休+平日1日休み
2022年3連休+3連休
2023年3連休1回(秋分の日土曜被り)
2024年3連休+3連休
2025年3連休+平日1日休み
2026年5連休(シルバーウィーク!)
2027年3連休+平日1日休み
2028年3連休+3連休
2029年3連休+3連休
2030年3連休+3連休
2031年3連休+平日1日休み
2032年5連休(シルバーウィーク!)
2033年3連休+3連休
2034年3連休1回(秋分の日土曜被り)
2035年3連休+3連休
2036年3連休+3連休
2037年5連休(シルバーウィーク!)
2038年3連休+平日1日休み
2039年3連休+3連休
2040年3連休1回(秋分の日土曜被り)
2041年3連休+3連休
2042年3連休+平日1日休み
2043年5連休(シルバーウィーク!)
2044年3連休+平日1日休み
2045年3連休+3連休
2046年3連休+3連休
2047年3連休+3連休
2048年4連休(プチシルバー!)
2049年5連休(シルバーウィーク!)
2050年3連休+3連休

これから先の連休の日程、見ているだけでもなんかワクワクした気持ちが湧いて来ますね(^^)

終わりに

以上で、シルバーウィークについての話を終わります。

このように、シルバーウィークは毎年発生しないどころか、むしろある年が珍しいといった形の連休になります。

そのため、シルバーウィークが発生する年は、早めに計画を立てて秋の行楽シーズンを思いっきり楽しんでいきたいですね!

スポンサーリンク