二十四節気の日にちの決め方とは?読み方や意味も一緒に解説!

海からの日の出

二十四節気。

日本の生活に古くから密接に関わっている、暦のことですよね。

日常生活でも良く耳にする、春分や夏至、秋分や冬至なども、この二十四節気のうちの節気の一つになります。

二十四節気は、文字通り1年間に24個の節気があるのですが、ここで気になるのが、いったいどうやってその日にちが決められているのかということです。

このページでは、そんな二十四節気の日にちの決め方と、それぞれの節気の読み方と意味について、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

日にちの決め方

それでは、早速ですが二十四節気の日にちの決め方をご紹介します。

こちらです。

二十四節気の日の決め方
  • 1年で最も日が長くなる日を「夏至」とする。
  • 1年で最も日が短くなる日を「冬至」とする。
  • 昼と夜の長さが同じになる日を「春分」「秋分」とする。
  • 冬至と春分の中間の日を「立春」とする。
  • 春分と夏至の中間の日を「立夏」とする。
  • 夏至と秋分の中間の日を「立秋」とする。
  • 秋分と冬至の中間の日を「立冬」とする。
  • 上記の8つの節気の間に2つずつ、その他の節気がある。

分かりやすいように表にすると、このような感じになります。

二十四節気の表

このように、二十四節気は太陽の地球の位置関係を基準にして、日にちが決められています。

現代の観測技術ではとても正確に太陽の位置を割り出せるので、二十四節気は実は超正確に日にちが決められていた暦だったのです。

まず、一年で最も日が長くなる夏至、日が短くなる冬至と、昼と夜の長さが同じになる春分、秋分を決めます。これで、1年が4分割されます。

その4分割された節気のちょうど中間になる日が、立春、立夏、立秋、立冬になります。

豆知識!節分の日
二十四節気の節分には季節の分かれ目という意味があり、立春・立夏・立秋・立冬の前日が節分の日となり、1年に4回あります。

この中でも2月の始め、立春の前日に当たる節分の日は、豆まきをしたり恵方巻を食べたりする文化が定着していますよね。

ちなみに、二十四節気の一年の始まりは立春とされていますので、2月の節分は二十四節気では1年の最後の日、大みそかに当たります。

そして更にそれぞれの節気の間に2つずつ、大暑や大寒などの節気が均等に決められており、全部で二十四節気となる訳です。

365日を24で割ると約15.2日になりますから、約15日間隔で次の節気がやってきます。

それぞれ次の節気までの日にちが約半月くらいだったのは、こういった理由があったからですね。

また、二十四節気の日にちが毎年同じではなく微妙に違うのは、年によって太陽と地球の位置関係がわずかに変わることが理由となっています。

スポンサーリンク

各節気の読み方と意味

前章で二十四節気の日にちの決め方をお伝えしましたので、次は、各節気の読み方と意味を見ていきたいと思います。

◆立春(りっしゅん)2月4日ごろ
→春の始まりかつ二十四節気の始まりでもあり、この日が二十四節気では年初になる。冬至と春分の中間の日。

◆雨水(うすい)2月19日ごろ
→空から降るのが雪から雨に変わるころ。農耕の準備を始める目安。

◆啓蟄(けいちつ)3月6日ごろ
→冬眠をしていた虫たちが出てくるころ。

◆春分(しゅんぶん)3月20日ごろ
→昼と夜の長さが同じ日。

◆清明(せいめい)4月5日ごろ
→天地がすがすがしく、明るい空気に満ちる時期。

◆穀雨(こくう)4月20日ごろ
→田畑の準備をする頃に、穀物の成長を助ける雨が降る時期。

◆立夏(りっか)5月5日ごろ
→夏の始まり。春分と夏至の中間。

◆小満(しょうまん)5月21日ごろ
→気候が暖かくなって、万物が成長する気が始めるころ。

◆芒種(ぼうしゅ)6月6日ごろ
→稲の種を撒く目安。「芒(のぎ)のある穀物=稲」の種を撒くという意味。

◆夏至(げし)6月21日ごろ
→一年で一番昼の長さが長い日。

◆小暑(しょうしょ)7月7日ごろ
→梅雨の終盤で、暑さが本格的になってくること。大雨も降りやすい時期。

◆大暑(たいしょ)7月23日ごろ
→一年で最も暑い時期。梅雨が明けて、夏本番が始まるころ。

◆立秋(りっしゅう)8月7日ごろ
→秋の始まり。夏至と秋分の中間。

◆処暑(しょしょ)8月23日ごろ
→暑さの峠を越えて、涼しくなり始めるころ。

◆白露(はくろ)9月8日ごろ
→朝晩が冷えるようになってきて、草木に白い朝露が降るようになる時期。

◆秋分(しゅうぶん)9月21日ごろ
→昼と夜の長さが同じ日。亡くなった人をしのぶ日。

◆寒露(かんろ)10月8日ごろ
→本格的な秋の始まりで、冷たい露が降りるころ。米の収穫の時期。

◆霜降(そうこう)10月22日ごろ
→秋が深まって、霜が降るようになるころ。農業では、霜に注意する必要が始まる時期。

◆立冬(りっとう)11月7日ごろ
→冬の始まり。秋分と冬至の中間。

◆小雪(しょうせつ)11月22日ごろ
→紅葉が散って、雪が降り始めるころ。

◆大雪(たいせつ)12月7日ごろ
→雪が本格的に降り始めるころ。

◆冬至(とうじ)12月22日ごろ
→1年で最も昼の長さが短い日。ゆず風呂に入る風習がある。

◆小寒(しょうかん)1月6日ごろ
→寒さがより一層厳しくなるころ。

◆大寒(だいかん)1月20日ごろ
→1年で最も寒さが厳しい時期。二十四節気では、1年の最後の節気です。

スポンサーリンク

2019年と2020年の日にち一覧

最後に、2019年と2020年の二十四節気の日にち一覧をご紹介致します。

2019年の二十四節気の日にち

2019年の二十四節気の日にち

2020年の二十四節気の日にち

2020年の暦の日

終わりに

以上で、二十四節気の日にちの決め方についての話を終わります。

私は、二十四節気は昔からある暦なので、どこかの偉い人が毎年適当に日にちを決めていると思ってたのですが、全然そのようなことはなく、太陽と地球の位置を基準にした正確な暦だったのですね。

これから二十四節気に定められている節気の日を迎えるときは、その節気の日にちがどのようにして決められているのかを思い出しながら迎えると、より面白いかもしれませんね。

スポンサーリンク