台風上陸の定義とは?接近や通過との違いも一緒に簡潔に解説!

台風上陸のアイキャッチ

台風。

日本にも、夏から秋にかけてやってくる、恐ろしい自然災害の一つです。

そして良く台風のニュースを聞いていると、「台風〇〇号が〇〇市付近に上陸しました」という表現が使われているのを良く耳にします。

そこで気になるのが、「台風上陸」の意味についてです。いったい、どうなったら台風上陸と言われるのでしょうか?

このページでは、そんな台風上陸の定義と、合わせて良く使われる「接近」「通過」と一緒に分かりやすくお話していきます!

スポンサーリンク

台風の上陸・接近・通過の定義

それでは、早速ですが台風の上陸・接近・通過の定義をお伝えします。

こちらです。

上陸の定義

台風の中心が、本州・九州・四国・北海道のいずれかの海岸線に達したとき。

接近の定義

台風の中心が、全国各地にあるいずれかの気象台の300km以内に入ったとき。

通過の定義

台風の中心が、沖縄を始めとする、本州・九州・四国・北海道以外の島の上を通過したとき。

台風の上陸・接近・通過の定義を一言でまとめると、以上のようになります。

それでは次の章からは、それぞれの定義についてさらに詳しくお話していきます!

※台風自体の定義については別ページで詳しくお話していますので、気になる方はこちらにも遊びにきてくださいね。

台風の目

台風の定義とは?最大風速と中心の位置で決まっていた!

2020.01.02
スポンサーリンク

上陸・接近・通過の詳細

この章では、台風の上陸・接近・通過の定義の詳細をお伝えします。

台風の上陸

台風の上陸という表現は、台風の中心が本州・九州・四国・北海道のいずれかの海岸線に達したときです。

例えば、下記のようなルートを台風が通ったときです。

台風の上陸

この例では、最初四国に上陸した台風が、一度瀬戸内海を通って、本州に再上陸して通りすぎています。

そして、上陸という表現で注意したいのは、台風が良く来る沖縄は含まれていないということです。

なので、台風が沖縄本島など、本州・九州・四国・北海道以外の島の上を通っても上陸という表現は使われません。

台風の接近

台風の接近とは、台風の中心が全国各地にあるいずれかの気象台の300km以内に入ったときに使われます。

例えば、下記のようなルートを台風が通ったときです。

台風の接近

この例では台風の中心がかなり関東地方に近づいていますが、上陸はしていないので接近という表現になるのですね。

また、接近の定義には、正確には気象台ではなく気象官署等という表現が使われており、下記の場所の気象官署等の300km以内に台風の中心が近づいたとき、接近したと判定されます。

【気象庁:台風の接近の判断に用いる気象官署等

この気象官署等の場所を見てみると、沖縄や小笠原諸島などの島にあるものも含まれています。

そのため、接近は上陸と違って、本州・九州・四国・北海道だけではなく、それ以外の島々に近づいたときにも接近したと言われます。

台風の通過

台風の通過とは、台風の中心が本州・九州・四国・九州以外の島の上を通ったときに使われます。

例えば、下記のようなルートを台風が通ったときです。

台風の通過

この例では、台風が沖縄本島の上を通過していますね。

上陸のところでも説明しましたが、この場合は本州・九州・四国・北海道の島ではないので、通過となり上陸という表現は使われません。

※台風が日本にどのくらい上陸・接近しているのかについては別ページで詳しくお話していますので、気になる方はこちらにも遊びにきてくださいね。

台風進路のイラスト

台風の多い時期とは?日本に上陸や接近する数を月別に徹底解説!

2019.03.09

まとめ

以上で、台風の上陸・接近・通過の定義についての話を終わります。

まとめると、下記の通りです。

  • 上陸は、台風の中心が本州・九州・四国・北海道のいずれかに達したとき
  • 接近は、台風の中心が全国いずれかの気象台の300km以内に近づいたとき
  • 通過は、台風の中心が沖縄など本土四島以外の島の上を通ったとき

台風の上陸・接近・通過の違い、一度知ってしまえば、難しいことはなくてきちんと理解できました!

これから台風情報などでこの言葉を聞いたときは、正しく理解して災害から身を守っていきたいですね(^^)