西野カナのおススメ結婚式ソングとは?余興などシーン別まとめ!

結婚ソングアイキャッチ

結婚式のBGM。

人生に一度、華やかな結婚式に彩りを添える、結婚式には欠かせないとても大切なものですよね。

しかしいざ、晴れて自分も結婚式を行うことになると迷うのが「どんな曲をBGMにすれば良いのか?」ということです。

世の中には何千何万という曲がある中で、どれにしたら良いのか全然決められない!という苦労をされている方、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、女性シンガーのカリスマ、西野カナの曲の中で結婚式でおススメなものをまとめてみました!

そして更に、その曲たちを入場や余興、エンディングなど各シーン別に分けています。

あなたがもし、結婚式に西野カナの曲を使いたいと思われている場合は参考になるかと思いますので、ぜひ自分の結婚式で使われている様子をイメージしながら読んでみてくださいね(^^)

なお、おススメソングの中で、YouTubeの西野カナ公式MVとしてアップしてあるものについてその動画を入れています。

公式MVが無いものに関しては、著作権の問題上ここでご紹介することはできませんので、お手数ですが自分でどのような曲か調べられてみてくださいm(_ _)m

スポンサーリンク

入場(再入場)、オープニング


まずは、入場やオープニングのシーンから。

披露宴の前半では盛り上がるような明るい曲を、後半ではしっとりするような落ち着いた曲が良いかなと思います。

『No.1』

この曲は、式の前半に使いたい盛り上がる曲です。

タイトルであるNo.1も、結婚式の入場にはとても良いと思います。

新郎新婦がお互いにとってのNo.1。また、今日の結婚式においては、主役である新郎新婦がNo.1。

そのような思いを込めれば、オープニングにはピッタリです。

『君って』

披露宴の後半、しっとりとした再入場のシーンに良いと思う曲です。

この先どんな困難があっても、二人で寄り添って幸せな家庭を築いていけることを連想させる歌詞になっています。

乾杯

祝辞が終わると、いよいよ乾杯です。

ここから式が盛り上がっていくところですから、明るい曲が良いですね。

『LOVE&JOY』

乾杯の時のおススメなのがこの曲。

とてもアップテンポで、盛り上がれる曲です。

特に乾杯に良いなと思うのが、サビのこの歌詞。

「Everybody LOVE&JOY feel the LOVE&JOY」

みんなで愛と楽しさを感じよう!という意味ですね。

披露宴に参加している全員が愛と楽しさを感じることができそうです。

スポンサーリンク

ファーストバイト

ファーストバイトは、新郎にとっては「これから私があなたを養っていきますよ」、新婦にとっては「愛のこもった料理を食べさせますよ」という意味を込めながら行います。

これから築いていく幸せな家庭にはどちらも欠かせないことですね。

『トリセツ』

今や、西野カナの代表曲とも呼べるべき存在になったトリセツ。

女性が男性にどのように扱われたいかについて、ここまでストレートに伝わる歌詞はすごいと思います。

うちの妻も、ものすごく共感していました。

曲も明るくて盛り上がりますので、ファーストバイトにはピッタリです。

『HAPPY HAPPY』

この曲はアルバムのみの収録で、上のトリセツに比べるとマイナーな曲ではありますが、この曲もファーストバイトにはすごく良いと思います。

サビの締めに出てくる歌詞「I’m happy when you happy」

これは、「あなたが幸せなときが私も幸せ」という意味ですね。

夫婦にとっては、とても理想的な関係だと思います。

ブーケトス

花嫁から、これから運命の人に出会う予定の人へと送るブーケトス。

素敵な人と出会えますようにという想いがこもった曲が良いですね。

『もしも運命の人がいるのなら』

もう、タイトルそのままですね!

でも、ブーケトス以外ではあまりおススメはできません。

あなたの運命の人は、もしもではなくもうしっかりお隣にいますもんね。これからまた新たな運命の人ができたら大変です。

『GO FOR IT!!』

西野カナの、超絶ハイテンションな片思い女子への応援ソングですね。

今、意中の人がいる女子には強力な後押しになります。

でも、この曲もブーケトス以外のシーンではイマイチ。

もはやラブラブ状態になってしまった新郎新婦の2人は、こんな甘酸っぱい状況ではありませんからね(笑)

スポンサーリンク

プロフィールムービー

新郎新婦の生い立ちを紹介するプロフィールムービー。

家族や友人など、自分がここまで成長する中で出会った人たちへの感謝の気持ちと共に、今までの自分の人生を振り返ります。

そんな方たちに感謝を込めた曲を選びたいですね。

『Best Friend』

西野カナの鉄板友情ソングと言えばこの曲。

今まで生きてきた中で、たくさんの友達と出会ってきたことだと思います。

そんな友達との思い出を振り返るには、この曲はピッタリですね。

『happy birthday』

誕生日は、あなたが生まれたとても大切な日。

両親の愛の結晶としてこの日にこの世に生まれ、今まで育ってきたあなた。

生んでくれた両親への感謝や、生まれてからの出会いを振り返るという意味では、この曲もすごく良いと思います。

余興

余興は、新郎新婦の友人や同僚がお祝いの気持ちを込めて、披露宴で行う演出ですね。

盛り上がる曲や、新郎新婦へのメッセージになるような曲が良いと思います。

『私たち』

この曲は、上記『Best Friend』と双璧をなす西野カナの友情ソングです。

『Best Friend』がポップ調の曲なのに対して、この曲はじっくりと聴かせるバラードになっています。

お互いのことをお互い以上に知っていて、かけがえのない親友であることを歌った歌詞。

友人からこんな曲を余興で歌ってもらったら、新婦さんは号泣間違いなしですね。

『Darling』

この曲は、大好きなダーリンと一緒に暮らすときの想いを歌にしたものですね。

新郎新婦に、こんなラブラブな生活になるようにという願いを込めて歌うと、良いと思います。

スポンサーリンク

エンディング

披露宴の締めの曲として使われるエンディング。

これまでの素晴らしい披露宴の締めにふさわしい、素敵な曲を選びたいです。

『Always』

この曲は、西野カナの中でも最も素敵な結婚ソング、いや、他のアーティストも含めた全ての曲の中で、最も素晴らしい結婚ソングと言っても過言ではないと思っています。

歌詞もタイトルも曲調も、全てにおいて結婚式には完璧な曲です。

私自身の披露宴でもこの曲をエンディングに使いましたが、とても感動的な雰囲気で締めることができました。

披露宴には、是非ともおススメしたい一曲です。

『このままで』

2人の幸せな時間がずっとこのまま続くようにという意味のこの曲も、エンディングには良いと思います。

サビの歌詞「Ah この景色 百年先もずっと 永遠に変わらないように」というところは最高ですね。

これから一緒に暮らしていく新郎新婦みんなが、願っていることだと思います。

『love&smile』

上の二つが、しっとりと厳かに結婚式を締めくくる曲でしたが、少し明るめのエンディングにしたい場合におススメです。

愛と笑顔、この二つさえ忘れなければ、ずっと幸せな結婚生活を送ることができますね。

【おまけ】NGソング集

ここからは、ちょっと番外編。

うっかり結婚式に使ってしまったら大変なことに!

という、西野カナの結婚式NGソングを集めてみました。

『会いたくて 会いたくて』

この曲で会いたくて会いたくて仕方がないのは、現在ラブラブな彼氏ではありません。

そう、別れた元彼にに会いたくて仕方がないという未練タラタラな曲ですね。

結婚後にこんなことになったら、離婚したけどまた元の旦那に会いたくなったというとんでもないことになります。

結婚式では、絶対にNGな曲の一つですね。

『Be Strong』

この曲は力強くて盛り上がる曲ではありますが、歌詞の意味からすると結婚式には絶対NGです。

この曲の歌詞は、彼氏と別れたけど、これからまた力強く生きていこうとする決意の曲。

確実に離婚を連想させますので、やめましょう。

『Dear…』

この曲はもしかしたら賛否両論あるかもしれませんが、私個人としては結婚式ではNGだと思っています。

理由は、確かに二人の関係はラブラブなのですが、遠距離恋愛の曲だからです。

結婚後の遠距離恋愛ということは、旦那さんが単身赴任して一緒に暮らせないことになります。

これから二人で温かい家庭を築こうとしている新婚さんには酷な状況を連想させてしまいますので、イマイチだと思います。

終わりに

以上で、西野カナの曲の中で、結婚式におススメしたい曲の話を終わります。

結婚式の曲、タダでさえ忙しい中で、決めるのはすごく大変で迷うと思います。

このページが、披露宴で使う曲を選ぶ際に、少しでもお役に立てましたら幸いです(^^)

スポンサーリンク